[6区]テットドール公園

リヨンのベルナシオン – 商品・値段・営業時間を全紹介 BERNACHON

リヨンのベルナシオン BERNACHON|商品・値段・営業時間を全紹介

リヨンだけでなくフランスを代表するショコラティエであるベルナシオン、リヨンに来たら絶対に訪れてほしい店です。

今回はベルナシオンのチョコレートやケーキ類の商品やその値段、場所の地図や行き方、営業時間、店の歴史を紹介します。

ベルナシオンのカフェのメニュー・店舗紹介はこちらをご覧ください。
ベルナシオン・パション BERNACHON PASSION

ベルナシオンの特徴

ベルナシオンはカカオ豆を厳選し、輸入したカカオ豆からチョコレートを作っているショコラティエです。

カカオ豆からチョコレートをつくることを Bean to Bar(ビーン・トゥー・バー)といい、フランスでも数少ない店のひとつです。

ベルナシオンでは中南米やマダガスカルの10カ国からカカオ豆を輸入し、それらをブレンドしてチョコレートを作っています。つかっているカカオ豆は生産量が全体の3%以下しかないと言われるたいへん希少なクリオロ種のみをつかっています。

ですので、普段日常で食べているチョコレートとは全く別のはじめて食べる味がします。

日本でもベルナシオンのチョコレートを購入することはできますが、本場のベルナシオンで新鮮なチョコレートを試してみてはいかがでしょうか。夏以外はお土産にも最適ですね。

以前、ベルナシオンのチョコレートを製造する過程を見学させてもらった際のレポートです。ぜひご覧ください。

ベルナションのチョコレート工場見学体験記

ベルナシオンの歴史

リヨンのベルナシオン BERNACHON

1953年にモーリス氏がベルナションを創業しました。

モーリス氏の息子ジャン・ジャック氏は1966年にアムステルダムで6ヶ月修行をし、1969年6月19日に3つ星レストランのポール・ボキューズ氏の娘であるフォランソワーズさん Françoise Bocuseと結婚します。

すでにミシュラン3つ星を獲得していたポール・ボキューズ氏のレストランとリヨンで名声のあったショコラティエが親戚関係になりました。

1975年2月、ポール・ボキューズ氏は時の大統領ヴァレリー・シスカール・デスタンよりレジオン・ドヌール勲章を授けられます。

その祝賀パーティの際に、モーリス氏は「大統領(プレジダン)」と名付けたチョコレートケーキをつくりました。重さが3kgもある重厚なケーキだったそうです。

そのケーキが40年経った今でもベルナションのスペシャリテである「ガトー・プレジダン Gâteau Président」です。

1989年にベルナションのブティックの隣りに、サロン・ド・テをオープンしました。

すでにリヨンやフランスでは名声のあるショコラティエでしたが、2005年頃からその名声は世界中に広がっていきました。ニューヨークタイムズの生地に取り上げられたり、日本の企業とのコラボレーションも見られるようになりました。この頃から日本でもベルナションの名前が知られていくようになりました。

2010年には3代目が継承し、モーリス氏とポール・ボキューズ氏の孫であるキャンディス氏、ステファニー氏、フィリップ氏の3人が経営を担っています。

2011年からは国際展開を視野に入れ、ネットショップもオープンしました。

現在もなお発展し続けているベルナションですが、創業当初から変えていないことがひとつだけあり、それは「味は改革しない、伝統を守る」こと。来ていただけるお客さまのことを考えているからこそで、創業当時から配合も材料も製法も変えていないんだそうです。

以前、キッチンを見学させていただいた際にシェフより教えていただきました。

商品紹介・値段

ベルナシオンのおすすめ商品を材料や値段とともに紹介します。

ガトー・デュ・プレジダン Gâteau du Président

リヨンの郷土菓子 ガトー・プレジダン Gâteau Président

一代目のモーリス氏が1975年、当時のフランス大統領であるジスカール・デスタンのために作り出したチョコレートのケーキです。「プレジダン」とは大統領という意味です。

プレジダンはノワゼットのプラリネをつかったガナッシュクリームにシェリー酒に漬けたさくらんぼをはさみ、表面をチョコレートで覆い、上に薄く削ったひらひらのチョコレートを扇形に華やかに飾ったチョコレートケーキです。

ルーズヴェルト ROOSEVELT

ベルナシオン ルーズヴェルト ROOSEVELT

アーモンドをつかった生地にチョコレートムースとカリカリのプラリネをはさんで、薄く削ってくるっと丸めたチョコレートを表面に飾っているケーキです。

ベルナシオンのケーキは多くがチョコレートをつかったものです。

ひとり用のケーキの値段は3.40€ / 3.60€ / 3.80€ の3種類です。リヨン市内のほかの有名パティスリーのケーキが1つ5€ほどするので、ベルナシオンの値段は良心的です。ほかの庶民的なケーキ屋さんと同じくらいか安いくらいの値段です。

パレ・ドール Palet d’Or

BERNACHON ベルナション パレ・ドール Palet d’Or

パレ・ドールとは、バニラとイジニー特産の生クリームのガナッシュを中に詰め、チョコレートでコーティングした丸いチョコレート菓子です。ベルナシオンのスペシャリテのひとつです。

パレ・ドールとは「黄金の丸い円盤」型のお菓子のことで、金箔が表面に飾られています。こちらもつくられた当初とレシピは変えていません。

値段は以下の通りで、量り売りでも購入できます。

  • 300g(約30枚): 43 €
  • 500g(約50枚): 65.50 €
  • 750g(約75枚): 93.20 €
  • 1kg(約100枚): 118.50 €

常温の14℃〜16℃で保存し、賞味期限は3週間です。暑い時期でなければ、日本に持ち帰ることもできます。

BALLOTINS ASSORTIS バロン・アソルティ

チョコレート菓子の詰合せで、好きな種類を量り売りで購入することができます。箱に入れてもらう場合は250g〜となります。

さまざまな種類があり、好きなものを指差しで購入することができます。

チョコレートにはブラックチョコレート(Noir ノワール)とミルクチョコレート(Lait レ)の2種類があります。カラフルな銀紙に包まれているのはお酒入り、透明な紙に包まれているのはキャラメル、フルーツコンフィなどの種類があります。

チョコレート菓子の中身は以下のようなものがあります。(この他にも多数あります)

  • Orangette:オレンジの皮の砂糖煮
  • Boule Praline:プラリネ(ナッツの砂糖がけ)
  • Griotte:砂糖漬けのさくらんぼ
  • Nougatine:ヌガー(砂糖と蜂蜜、ナッツをまぜたねっとりとしたお菓子)
  • Trois Noisettes:ヘーゼルナッツ
  • Gimgembre:生姜の砂糖煮
  • Tranche de Citron:レモンの皮の砂糖煮
  • Abricot:アプリコット(杏)
  • Framboise:フランボワーズ(キイチゴ)
  • Fraise:いちご
  • Cassis:カシス
  • Ananas:パイナップル

値段の目安です。どれを選んでも量り売りで購入できます。

  • 250g(約25個): 30.90 €
  • 375g(約35個): 43.70 €
  • 500g(約45個): 56.70 €
  • 750g(約70個): 84.00 €
  • 1kg(約95個): 113.50 €

常温の14℃〜16℃で保存し、賞味期限は3週間です。暑い時期でなければ、日本に持ち帰ることもできます。

Tablettes タブレット

タブレットとは「板チョコレート」のことです。

純粋にチョコレートだけの種類もあり、ベルナシオンのチョコレートをストレートに味わってみたい方におすすめです。

ブラックチョコレート(Noir ノワール)とミルクチョコレート(Lait レ)の2種類があり、ナッツ入りなどのフレーバー入りのものもあります。

値段は1枚150gで6.90€〜です。賞味期限3ヶ月あるのでお土産にも最適です。

店舗情報

名前 BERNACHON ベルナシオン
カテゴリ ショコラトリー Chocolaterie
営業時間
  • 火曜〜土曜:8:30~19:00
  • 日曜(5月〜10月):8:30~17:00
  • 日曜(6月〜9月):8:30~17:00
定休日 月曜/夏期
住所 42 Cours Franklin Roosevelt, 69006 Lyon
交通

メトロA線 Foch 駅より徒歩3分

TEL 04 78 24 37 98
サイト

www.bernachon.com

ベルナシオンのカフェのメニュー・店舗紹介はこちらをご覧ください。
ベルナシオン・パション BERNACHON PASSION

地図

地下鉄A線FOCH(フォッシュ)駅を降り、地上に出た大きな道路を車が進んでいる方向とは逆方向に歩きます。ローヌ河方向ではなく、ローヌ河に背を向けて歩きます。

歩いて行くと3分程度で、右側にベルナシオンの店舗が見えてきます。周りの建物の色と同じ茶色ですので見逃さないように注意してください。

関連記事

  1. Maison Pozzoli ポゾッリ|MOF取得の実力派パン屋さん MOF取得の実力派パン屋さん Maison Pozzoli ポゾ…
  2. À la Marquise ア・ラ・マルキーズ|旧市街の昔ながらのパティスリー ア・ラ・マルキーズ旧市街の昔ながらのパティスリー[À la Ma…
  3. リヨン市内にあるリンツ直営チョコレートショップ LINDT リヨン市内にあるリンツ直営チョコレートショップ LINDT
  4. リヨンのベルナシオンカフェのメニュー紹介 BERNACHON PASSION リヨンのベルナシオンカフェ – メニュー紹介 BER…
  5. リヨン動物園|動物の種類と地図 リヨン動物園|動物の種類と地図
  6. Le Café du Peintre - リヨンの認定マーク付ブション Le Café du Peintre – リヨンの認…
  7. ポールボキューズのセカンドレストラン - Restaurant Marguerite マルゲリット リヨンの高級レストランのピエール・オルシ[Relais …
  8. Palomas パロマ|創業100年の老舗チョコレート店 Palomas パロマ|創業100年以上の老舗ショコラティエ

リヨン名物

  1. リヨンのマカロン
  2. ベルナシオン BERNACHON(パレドール)
  3. リヨンのクネル料理
  4. リヨン土産クッサン・ド・リヨン Coussin de Lyon
  5. 美食の街リヨンの料理 Salade lyonnaise サラドゥ・リヨネーズ
  6. Pied de Porc ピエ・ド・ポー
  7. リヨンの前菜で食べれる名物料理9品
  8. リヨン料理牛の脳みそ
  9. 赤いプラリネのお菓子(メレンゲ)
  10. セーヴ SÈVE

ツアーガイド案内

美食の街リヨンのスイーツを巡るツアー[2時間]

リヨンの観光情報

リヨンの光の祭典2018年 2019年リヨン光の祭典の詳細情報

2019年の光の祭典の日程、交通公共機関の情報、服装や注意点、昨年のイベントの様子、フェット・デ・リュミエールの歴史について案内します。

リヨン観光スポット リヨンの観光スポット【総まとめ】

リヨンのすべての観光スポットをまとめました。

リヨンのグルメ情報

  1. リヨンのおすすめのレストラン【総まとめ】 「旅するリヨン」について
  2. 美食の街で食べたい!リヨン料理の特徴と種類【総まとめ】 リヨンのパテ料理
  3. リヨンの名物菓子・パティスリー【総まとめ】 赤いプラリネのお菓子(メレンゲ)

リヨンでショッピング

  1. リヨンのショッピングスポットまとめ
  2. リヨンのお土産が売っている店と人気土産ベスト7
  3. リヨンのマルシェと蚤の市

リヨンのスイーツ情報

  1. リヨン土産クッサン・ド・リヨン Coussin de Lyon
  2. リヨンの美味しいパン屋・ベーカリー一覧
  3. ベルナシオン BERNACHON(パレドール)
  4. セーヴ SÈVE

リヨンであそぼう

  1. リヨンにある料理教室一覧
  2. リヨン郊外にあるプラネタリウム Le Planétarium
  3. リヨンオペラ座の観光案内
PAGE TOP