[1区]市庁舎&テロー広場

リヨンオペラ座の観光案内[Opéra de Lyon]

リヨンオペラ座の観光案内

オペラ座(Opéra de Lyon)はリヨンの中心プレスキル地区の北側のソーヌ河そば、市庁舎の隣りに位置しています。

オペラ座内には1階にオープンテラスのカフェや上階テラスにはバーがあり、一般の人も利用できます。オペラ座の中の見学は自由にはできませんが、ガイド付ツアーで館内を見学することができます。

リヨンにあるオペラ座の公演の予約方法、見学予約、レストラン、場所など観光案内を紹介します。オペラ座の建築様式についても説明しています。

スポンサーリンク


リヨンオペラ座の公演チケットの予約方法

オンラインで予約可能です。公演を選び、座席の位置や料金を確認しながら予約することができます。

公式サイト : BILLETERIE EN LIGNE – OPERA DE LYON(フランス語・英語)

リヨンオペラ座の観光案内

オペラ座は自由に見学することはできませんが、観光ツアーで見学することができます。見学ツアーはフランス語のみで、オンラインやリヨン観光案内所で予約することができます。

見学ツアーでは合唱団のスタジオ、階段浅敷、大劇場、オペラ座正面の上部のガラスドームの下にあるバレエスタジオを見学できます。

オペラ座にあるレストラン・バー

リヨンオペラ座
オペラ座内には4ヵ所のレストランやバーがあります。うち2ヶ所は一般の人でも利用できます。

ランフィ L’Amphi

オペラ座の地下2階にはバー L’Amphi(ランフィ)があります。公演がある日だけ、公演の1時間前からと公演の間の休憩時間にオープンします。公演の間の35分の休憩時間に食事を取ることができます。食事の場合は事前予約が必要で、冷製料理にグラスワインとデザートがついて24 €です。公演日の前日までに電話で予約、またはチケット売り場で予約しましょう。

ル・グラン・フォワイエ Le Grand Foyer

地上階にあるバー Le Grand Foyer(ル・グラン・フォワイエ)もオペラ座の公演のある日だけ、公演の1時間前からと公演の間の休憩時間にオープンしています。アラカルト料理やアペリティフ、シャンパンなどが楽しめます。

ル・パリスティル Le Péristyle

オペラ座の正面入口のテラスにあるバー Le Péristyle(ル・パリスティル)は6月から9月の間だけオープンしています。この期間は毎夜、さまざまな音楽の生演奏が行われていて、自由に楽しむことができます。

レ・ミューズ Les Muses

オペラ座の7階(日本式8階)にあるバー Les Muses(レ・ミューズ)はオペラ座を利用しない一般の人でも利用できます。オペラ座を正面から見て、8体の石像があるところにこのバーがあります。オープンテラスからリヨン市街地のパノラマを楽しみながら食事やお酒を楽しみましょう。

オペラ座を利用しなくてもレ・ミューズ Les Muses だけに入店することができ、オペラ座正面の左側にあるエレベーターで入店することができます。

夜だけのオープンで、雰囲気や眺めも良いので週末には行列ができるほどの人気のバーです。

  • 営業時間:水曜-土曜 18:30〜23:30(予約不可)

この記事下にレ・ミューズでの雰囲気や眺めをレポートしています。

スポンサーリンク



リヨンオペラ座の観光情報

名称 リヨンオペラ座 Opéra de Lyon
エリア リヨン1区テロー広場 Terreaux
住所 1 Place de la Comédie, 69001 Lyon
交通

メトロA/C線 Hôtel de Ville - Louis Pradel 駅より徒歩2分

TEL 04 69 85 54 54
営業時間

公演による

休業日 -
料金

公演による

WEB

https://www.opera-lyon.com/fr

(フランス語・英語)

LyonCityCard 利用不可

リヨンオペラ座の場所

スポンサーリンク



オペラ座の建築

リヨンのオペラ座の歴史は長く、最初の歌劇場が創立されたのは1756年でした。

1831年には建築家のポレ Polletシェナヴァール Chenavardによって改築され、さらに大きな旧歌劇場で上演するようになりました。1907年ごろにはリヨンに住んでいた永井荷風も旧歌劇場に通っていたそうです。

1993年に著名な建築家であるジャン・ヌーヴェル Jean-Nouvelによって改築され、より収容可能人数を増やすように調整し、同時に音響効果を高めることを成功しました。彼はパリのアラブ研究所やカルティエ財団などの設計を手がけたことでも有名です。

旧歌劇場時代のネオ・クラシック様式のファサードをそのまま残し、その上に巨大な半円筒形のガラス造りの建築がのせられました。

これが現在のリヨンのオペラ座です。

レ・ミューズ Les Muses

オペラ座の7階にあるバー レ・ミューズの店内の雰囲気とテラス席からの眺めをレポートします。

7階に上がるとすぐにフルヴィエール大聖堂が見えます。
リヨンオペラ座からの眺め

オペラ座の正面にある広場で、目の前は市庁舎です。
リヨンオペラ座からの眺め

レ・ミューズの店内は横に長く、どの席に座っても外の風景が見れます。自身でドリンク等を注文するスタイルです。
リヨンオペラ座7階のバー

日が落ちてくると、石像が赤く照らされてまた違った雰囲気になります。
リヨンオペラ座からの眺め

レ・ミューズは夕方からの営業で、夕暮れから夜の雰囲気が楽しめます。景色も素晴らしいので、ぜひ行かれてみてはいかがでしょうか。



関連記事

  1. L'Atelier des Augustins - テロー広場近くにあるフランス料理レストラン L’Archange アルカンジュ – …
  2. リヨンのグラン・オテル・デュー 新たな観光地グラン・ホテル=デュー[Grand Hôtel-Di…
  3. リヨン旧市街のトラブール リヨン旧市街トラブールの場所と観光のしかた
  4. ル・ノール[Le Nord]ポールボキューズのブラッスリーのメニュー・行き方 ル・ノール[Le Nord]ポールボキューズのブラッスリーのメニ…
  5. リヨンの認定マーク付ブション La Tête de Lard – オペラ座そばにあ…
  6. ヴォワザン名物菓子が誕生した老舗コンフィズリー [Voisin] ヴォワザン名物菓子が誕生した老舗コンフィズリー[Voisin]
  7. リヨンのセレスタン劇場 リヨンのセレスタン劇場の観光案内[Célestins, Théâ…
  8. ポールボキューズのセカンドレストラン - Restaurant Marguerite マルゲリット La Mère Brazier – リヨンの母と呼ば…

リヨン名物

  1. セーヴ SÈVE
  2. リヨンのマカロン
  3. ソシソン・リヨネ
  4. リヨン料理牛の脳みそ
  5. リヨンの特産品ビューニュ
  6. Pied de Porc ピエ・ド・ポー
  7. ベルナシオン BERNACHON(パレドール)
  8. リヨン名物料理パテ
  9. リヨンのお菓子を12種類すべて紹介
  10. フランスのスイーツ

ツアーガイド案内

美食の街リヨンのスイーツを巡るツアー[2時間]

リヨンの観光情報

リヨンの光の祭典2018年 2019年リヨン光の祭典の詳細情報

2019年の光の祭典の日程、交通公共機関の情報、服装や注意点、昨年のイベントの様子、フェット・デ・リュミエールの歴史について案内します。

リヨン観光スポット リヨンの観光スポット【総まとめ】

リヨンのすべての観光スポットをまとめました。

リヨンのグルメ情報

  1. リヨンのおすすめのレストラン【総まとめ】 「旅するリヨン」について
  2. 美食の街で食べたい!リヨン料理の特徴と種類【総まとめ】 リヨンのパテ料理
  3. リヨンの名物菓子・パティスリー【総まとめ】 赤いプラリネのお菓子(メレンゲ)

リヨンでショッピング

  1. リヨンのショッピングスポットまとめ
  2. リヨンのお土産が売っている店と人気土産ベスト7
  3. リヨンのマルシェと蚤の市

リヨンのスイーツ情報

  1. リヨン土産クッサン・ド・リヨン Coussin de Lyon
  2. リヨンの美味しいパン屋・ベーカリー一覧
  3. ベルナシオン BERNACHON(パレドール)
  4. セーヴ SÈVE

リヨンであそぼう

  1. リヨンにある猫カフェ一覧
  2. リヨンからワイナリーをめぐる日帰り観光ツアー VISITER LYON
  3. リヨンにある料理教室一覧
PAGE TOP