事前情報

フランスのレストランの種類とマナー・服装

フランスのレストランの種類

フランス旅行の楽しみの一つはレストランで料理を楽しむことがありますよね。

フランスのレストランは高級そうで敷居が高く、マナーや服装にも厳しそうというイメージもありますよね。でも実際は基本的にはお客さんが常識の範囲内で楽しむのであれば自由で、特に厳格なマナーや決まり事はないように感じます。とはいえ、不安なこともあるかもしれませんが、事前にフランスのレストランがどういうものかを知っておくだけでも楽しめるようになれます。

今回はフランスのレストランの種類、マナーや服装などレストランでの過ごし方を紹介します。

フランスのレストランの種類

フランスで食事ができる店には、レストラン、オベルジュ、ブラッスリー、ビストロ、ブション、カフェ、サロン・ド・テという種類があります。また、地方によっても種類があり、リヨンにはブションという種類もあります。

レストラン Restaurant

食事ができる店のことをレストランといい、下記で紹介するビストロやブラッスリーなどを総称してレストランと言います。ミシュランの星つきのレストランから伝統的な料理、外国の料理のレストランなど様々な種類があります。

オベルジュ Auberge

宿泊施設が併設された田舎のレストランのことで、イメージとしてはお城の中にあるホテルのあるレストラン。都市にあるホテル内にあるレストランのことは指しません。

ブラッスリー Brasserie

ブラッスリーとは昼から夜までノンストップで食事を提供してくれるレストランのこと。ですが、昼と夜のみ開けているブラッスリーもあります。

もともとは「ビール製造所」という意味があり、自家製のビールを作っているブラッスリーもあります。(ない場合もある)ブラッスリーと名付けている店は店内が広く席数がたくさんあるレストランであることもあります。

ビストロ Bistrot

ワインやちょっとした料理を提供してくれるレストランのこと。ですが、普通のレストランと同様に前菜からデザートまでしっかりとした料理が食べれます。

実際、私はフランスに住んでおり、レストラン・ブラッスリー・ビストロも行くのですが、あまり大きな違いはなさそうな気はします。強いていうなら、店内が広くて自家製ビールのあるブラッスリーだけ特徴があるのかなと思います。どの種類でもある程度同じような料理が提供されていることも多く、レストランの種類は気にしなくても大丈夫です。

ブション Bouchon

ブションとはリヨンにある伝統的な料理を提供するレストランのことを言います。ブション料理の特徴は豚肉や牛肉の内臓料理をつかっていること、量が多いことが挙げられます。ダイナミックな伝統的なリヨン料理が楽しめます。前菜からデザートまで非常にボリュームがあるのが特徴です。

昔は家族経営の小さなレストランが一般的でしたが、今では高級なブションや現代風にアレンジされた料理を提供するブションも増えてきました。

カフェ Café

昼から夜までノンストップで食事を提供してくれるレストランのことです。また、飲み物のみやデザートやおつまみといった軽い食事を取ることもできます。朝早くから夜遅くまで開いていることも多いため、食事時間のタイミングを逃した際に重宝します。

カフェ(Café)と名前のついたレストランもありますので、一応注意してください。

サロン・ド・テ Salon de thé

喫茶店のことで、食事やケーキ、飲み物を提供してくれる店です。お菓子屋さんなどに併設されていたりすることがあります。食事はキッシュやサラダなど軽いものが多いです。

レストランの選び方

予約をせずにレストランを選ぶ場合、レストランの店先にメニュー表が置いてありますのでそれを確認して選ぶことができます。メニュー表のMenu(ムニュ)は前菜・メイン・デザートorチーズのコース料理で、この料金を目安にすると大体の予算がわかります。

また、店内の様子や他のお客さんが食べているものをそっと眺めて、レストランの雰囲気を確認することもあります。昼は13時ごろ、夜は20時ごろが最も混む時間ですので、その時間を避けるか、人気店は予約をしていくことをおすすめします。

フランスのレストランのほとんどがサイトを持っており、メニューや価格などを載せています。サイトから予約できる機能のあるレストランもあります。お目当のレストランがある場合は、事前にサイトで確認すると良いでしょう。

レストランでの食事の時間

食事時間はランチは12時〜14時、ディナーは19時〜22時くらいが一般的です。夜は遅くまで開いているレストランもなかにはあります。レストランに入店するのは店の営業時間の終わる30分くらい前に終了するところが多いようです。入店が遅すぎると断られることもあります。

レストランの食事時間は上記の通りですが、ノンストップで開いているレストランやカフェなどでは好きな時間に食事ができるところもあります。旅行中は食事の時間が不規則になることもありますので、ノンストップで開いているレストランを押さえておくのもよいでしょう。

レストランでの食事のマナーと服装

ミシュランの星付きのレストランや高級レストランではきちんとした服装であることが必須な場合がほとんどです。きちんとした服装とは、スーツにネクタイ、ワンピース、皮靴というようなフォーマルな服装です。カジュアルすぎる服装ですと、レストランで浮いてしまいます。

また、「高級」とまで言わなくてもある程度ちゃんとしたレストランのディナーの場合は、ちょっとだけきちんとした服装で行くことが好ましいです。華やかめのワンピースやジャケット、ヒール靴や皮靴などが望ましいです。

フランスでは公共の場での喫煙は法律で禁止されており、レストランでは外のテラスで喫煙するようにしてください。赤ちゃんや子供連れでももちろんOKです。店員からも他のお客さんからも何か言われることもありませんし、居づらいこともありません。

フランスのレストランでは服装やマナーに厳しそうにみえますが、実際は全然厳しくなく、普通に過ごせます。ただのイメージですね。

レストランでの飲み物

レストランではまず席に着いたら、アペリティフはどうするかを尋ねられます。アペリティフは食前酒のことで、シャンパーニュやキールなどがあります。飲まないのであれば断っても構いません。注文した場合、アペリティフは前菜が出るまでにはなるべく飲みきるようにしましょう。

その後、食中酒はどうするかを聞かれます。一般的にフランス料理ではワインを合わせます。ワインはVin(ヴァン)、赤ワインはVin rouge(ヴァンルージュ)、白ワインはVin blanc(ヴァンブラン)、ロゼワイン(ロゼ Rosé)と言います。ボトルやハーフボトル、グラスで注文できます。

水はミネラルウォーター(Eau minerale オーミネラル)があり、炭酸入り(Gazeuse ガズーズ)と炭酸無し(Non gazeuse ノン・ガズーズ / Eau plate オープラット) の2種類があります。無料の水道水を頼む場合は、カラフドー(Carafe d’eau)、De l’eau(ドロー)と言います。

デザートの時にコーヒーや紅茶を飲むか尋ねられます。コーヒーは一般的にはエスプレッソです。コーヒーはデザートと同時ではなく、デザートの後に出てくることもあります。

さらに、食後酒も聞かれる場合もあります。

フランスのレストランでは飲み物攻めにされますが、飲まない場合は断っても構いません。一般的なレストランの平日のランチは飲み物をまったく頼まなくても大丈夫そう(働いている人は時間がなかったりするので)ですが、ディナーの場合は最低でも食中酒かミネラルウォーターは注文しましょう。

レストランでの食事の流れ

フランスのレストランのメニューは観光地では英語やたまに日本語で書かれているものもありますが、たいていはフランス語です。フランス語でのメニューの読み方や内容を解説します。一般的なフランス料理レストランの場合の食事の内容も紹介します。

Apéritif アペリティフ

アペリティフとは前菜の前に出てくるお通しやおつまみのこと。出てくるところもあれば、ないところもあります。

また、アペリティフとは食事の前のアルコールのことも指し、食前酒を頼む場合はメニューのApéritifのところから選びます。食前酒は主に、キール Kirシャンパン Champagne があります。

Entrées 前菜

前菜はフランス料理の最初に出される料理のことです。一般的にはサラダやテリーヌなどの軽めの食事が多いのですが、ボリュームの多い食事が出されることもあります。日本人にとっては前菜でお腹が満たされることも少なくありません。

Plats メイン

メインはコース料理の主役的な料理で、肉や魚料理が提供されます。肉や魚料理にはソースがかかっており、肉や魚とともに付け合わせ料理が付いてきます。付け合わせ料理はジャガイモやパスタ、豆類などとサラダなどが付いてきます。

Fromage チーズ

メイン料理が済んだら、チーズかデザートを取るか尋ねられます。食べたい場合はメニューを渡され、食べたいものを選びます。一般的なレストランのコース料理ではチーズかデザートのどちらかを選びますが、もちろんどちらとも選んでも構いません。高級レストランではチーズもデザートも提供されます。

チーズにはサラダが添えられて出てくることもあります。

Dessert デザート

メイン料理(もしくはチーズ)が済んだら、デザートを選びます。

レストランではコース料理を選ぶか、アラカルトで選びことができます。前菜&メイン、メイン&デザート(チーズ)は最低でも取るのがマナーです。メインだけ食べて飲み物も飲まないというのはマナー違反です。ただし、平日のランチは除きます。

以上、フランスのレストランの種類、マナーや服装などレストランでの過ごし方を紹介しました。

関連記事

  1. リヨンのレストランでのメニューの読み方 - 料理名・食材名 リヨンのレストランでのメニューの読みかた
  2. リヨンの観光局でできること|ONLYLYON Tourisme et Congrès リヨン観光局を使いこなして旅を楽しむ方法
  3. ネット環境悪すぎ!フランス旅行にWifiルータは必須アイテム ネット環境悪すぎ!フランス旅行にWifiルータは必須アイテム
  4. リヨン月別の天気と服装 リヨン月別の天気と服装
  5. リヨン旅行に役立つ基本情報まとめ リヨン旅行に役立つ基本情報まとめ
  6. リヨンの歴史 - ローマ時代から現代まで リヨンの歴史 – 古代ローマから現代までの繁栄の歴史…

リヨン名物

  1. リヨンの前菜で食べれる名物料理9品
  2. リヨン料理牛の脳みそ
  3. リヨンのチーズ
  4. セーヴ SÈVE
  5. ベルナシオン BERNACHON(パレドール)
  6. リヨン名物料理パテ
  7. リヨンのデザート Vacherin ヴァシュラン
  8. リヨンのマカロン
  9. リヨンのクネル料理
  10. 赤いプラリネのお菓子(メレンゲ)

ツアーガイド案内

美食の街リヨンのスイーツを巡るツアー[2時間]

リヨンの観光情報

リヨンの光の祭典2018年 2019年リヨン光の祭典の詳細情報

2019年の光の祭典の日程、交通公共機関の情報、服装や注意点、昨年のイベントの様子、フェット・デ・リュミエールの歴史について案内します。

リヨン観光スポット リヨンの観光スポット【総まとめ】

リヨンのすべての観光スポットをまとめました。

リヨンのグルメ情報

  1. リヨンのおすすめのレストラン【総まとめ】 「旅するリヨン」について
  2. 美食の街で食べたい!リヨン料理の特徴と種類【総まとめ】 リヨンのパテ料理
  3. リヨンの名物菓子・パティスリー【総まとめ】 赤いプラリネのお菓子(メレンゲ)

リヨンでショッピング

  1. リヨンのショッピングスポットまとめ
  2. リヨンのお土産が売っている店と人気土産ベスト7
  3. リヨンのマルシェと蚤の市

リヨンのスイーツ情報

  1. リヨン土産クッサン・ド・リヨン Coussin de Lyon
  2. リヨンの美味しいパン屋・ベーカリー一覧
  3. ベルナシオン BERNACHON(パレドール)
  4. セーヴ SÈVE

リヨンであそぼう

  1. リヨンのサッカースタジアム Groupama Stadium - 行き方案内
  2. リヨンからワイナリーをめぐる日帰り観光ツアー VISITER LYON
  3. リヨンにある猫カフェ一覧
PAGE TOP